Never Miss an Opportunity to be Fabulous
~光り輝くことのできる機会を見逃すな~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TaskChuteをちょっと改造
TaskChute2をより見やすくするために、ちょこっとだけいじっているのでそれを紹介したい。

日付設定


B5セルに =today() と入れるだけ。
ぶっちゃけ、 Ctrl+;で毎日入れるのと手間はそんなに変わらない。
でも、TaskChuteを開いたときには大体すぐタスクに目が行ってしまうのでこれが早くていい、と勝手に思っている。
難点は、深夜0時を回るといきなりTaskChuteの日付も変わってしまうこと(当たり前だけど)。

表示設定


ちょっと画面に対して情報量が多いので、ビューは89%に設定。

時間設定


TaskChute2ではデフォルトで3時間単位の時間枠が設定されている。
見積時間が3時間を越えていると赤で表示される。
リアルタイムでやっていくと、時間枠ごとの残り時間などが知りたくなる。
これも見積もり機能を使えばある程度は何とかなるが、もっと直感的に判断ができるようにしておきたい。
ということでやっている方法。

H2〜I5のそれぞれで「条件付書式設定」を変更

たとえばH2セルの場合
  • 条件2で数式を選択
    "=AND(($O$2-TODAY()-TIME(9,0,0))>0,(TIME(12,0,0)-$O$2+TODAY())>0,(TIME(12,0,0)-$O$2+TODAY())/TIMEVALUE("1:00")<$H$2)"を入力。
  • 文字をオレンジ色にして残時間から超過見込みを判断するよう設定。
  • 条件3で数式を選択
    "=AND(($O$2-TODAY()-TIME(12,0,0))>0,$H$2>0)"を入力。
  • 前の節にタスクが残っている場合はセルのパターンを黄色にしてて警告するよう設定

ほかのセルもそれぞれ時間を「設定」画面と同じ時間で設定する(本当は設定画面の入力から数字を切り分けることもできるけれども却ってややこしくなるのでしていない)。

修了予定時間の設定
O4セルに「条件付書式設定」を設定。
  • 条件1を "=OR(HOUR($O$4)<12,HOUR($O$4)>20)" 色を変更
  • 条件2はそのまま
  • 条件3を "=(HOUR($O$4)>18" 色を変更


区切り設定


これも数式を使うと早い。ポイントは、上と同じで、=today()を上手く使うこと。
営業日が関係ないのなら、today(),+1,+2,・・・,+6,+14,+30で一週間の中の曜日が全て区切れ、
2週間後、1ヵ月後も分かるので見やすくなる。
営業日を分けるときは若干工夫が必要で、today()+choose(weekday(today()),1,1,1,1,3,2)
とすると月曜日から木曜日は+1、金曜日だと+3というふうに区切り位置を移動させることができる。

エクセルを使っている人ならどれも思いつくような簡単なことだが、こうしたちょっとしたことの積み重ねがHackかな、と思う今日この頃。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
http://tobefabulous.blog.fc2.com/tb.php/5-5b185122
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。